Monthly Archives: 11月 2014

「湘南リハケア」のご案内チラシが出来ました!

皆さま、湘南リハケア事務局広報部からのお知らせです。

大変長らくお待たせしておりました、「湘南リハケア」のチラシが完成いたしました!
下記のリンクからPDF形式にてダウンロードできます。

「湘南リハケア」チラシのダウンロードはこちらをクリック

湘南リハケア実行委員会でも、いよいよ準備は大詰めです。
寒くなってまいりましたが、皆さまのご来場をお待ちしております!

 

湘南リハケア事務局 広報部

第6回湘南リハケア講習会のお知らせ

皆さん、かなり気まぐれのような不定期投稿で大変申し訳ありません。

来る11月10日(月)19時に第6回湘南リハケア講習会を行います。

今回のテーマは「呼吸のしくみとリハビリテーション」~呼吸器疾患を知ろう~                    と題し、藤沢湘南台病院の理学療法士・呼吸療法認定士である中島活弥先生に講師をお願い致しております。

中島先生より講義に関するコメントをいただいております。

「肺炎は死因第3位です。また90歳以上の死因では第1位となっています。
また、肺炎死亡者の9割は65歳以上です。しかし、直接的死因は気道閉塞や呼吸筋疲労が多いのも事実です。
高度経済成長期に日本を支えた方々は粉塵や煙草などの有害ガスの暴露により呼吸器疾患を罹患していることは周知の如くです。
COPDは初期の症状を加齢によるものと自己判断される方が多く、重症化してから医療機関に来られる方も多くいます。
またCOPDと喘息は未だ確定診断が難しく、研究が盛んに行われています。
人が何らかの疾病や傷害により医療機関にかかる際、高い頻度で呼吸器疾患を併存していることも多くあります。
我々、医療福祉職はこの呼吸器疾患に対し各々の職種で統一した言語を用いて議論することが望まれます。
この勉強会では、呼吸器に関しての言語理解を目標とし、解剖学、生理学などの基礎医学。リスク管理、COPDに症例への検討方法など実践。また、私の研究内容もお話したいと思います。
2025年問題を目前に控え、この呼吸器に関しての言語理解を皆様と享受したく思います。
また、団塊の世代の方々が90歳代に突入する2035年問題にも対応するべく私が普段講演会等でお話する内容を皆様と共有できればと思います。
内容が多く、多岐に渡るため膨大な情報量となりますが、知識整理のきっかけになればと思います。」

場所:茅ヶ崎市勤労市民会館(〒253-0044 茅ヶ崎市新栄町13-32) http://www.chigasaki-kinro.jp/  参加費:1000円(当日徴収)
最大収容人数:100名
参加方法:当ホームページからにお名前、メール アドレス、職種を記入いただくか、Facebookのイベントページ で参加をクリック!

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護支援専門員、看護職、介護職など医療から福祉、介護に従事しているものが対象としていますが、ご興味ある方はどなたでもご参加ください。

主催:湘南リハケア実行委員会 後援:楽習学研究会
問い合わせ先:湘南リハケア実行委員会 Mail:shonan.rehacare@gmail.com もしくはこちらの投稿フォームよりお問い合わせください。

投稿:宇徳

続けて第5回湘南リハケア講習会も無事終了しました!!

第5回湘南リハケア講習会は 「栄養とリハビリ・ケアの関係」 ~必要な栄養とは~                 と題して(有)リンクコンサルティング取締役である管理栄養士・糖尿病療養指導士の小森充苗先生にご講義をいただきました。

普段何気なく食事を摂られている方も多いと思われますが、時間や組み合わせ・年齢などで体への吸収がとても変化するんですって!

ちなみに人間が1日生きていくのに必要な塩分量ってわかりますか?

答えは一番下に載せますね。

今回もとても有意義な講義をしていただき、21時をいつの間にかオーバーしていましたが、みなさんとても楽しそうにお話を聞いていただいていました。

11月30日に行われる「湘南リハケア2014~ケアする人もケアする~」では、食に関するブースを設けています。

小森先生もご来場いただく予定ですので、そこでもお話が聞きたいという方は是非とも足をお運びください。

先ほどの答えですが、塩分は1日2グラムで人間生きていけるそうです。ラーメンは1杯7グラムも塩分があるそうですよ(驚)

 

投稿:宇徳

第4回湘南リハケア講習会が無事終了しました!

第4回の湘南リハケア講習会は「薬剤とリハビリテーションの関係について -vol.2-」 ~認知症治療薬の種類とメカニズム~                                                         と題して七沢リハビリテーションセンターの薬剤師である藤澤哲也先生に再度講師を行っていただきました。

今回はちょっと面白い実験も行いました(映像がないのが残念><)

そして藤澤先生の講義はいつも講義内容が面白いです。質疑応答の時は藤澤先生の能力がさらに発揮されます。 この日の講義のためにカラオケボックスで4時間練習されたそうです。 大変ありがたい!!!

11月30日に行われる「湘南リハケア2014~ケアする人もケアする~」において、薬に関するブース展示も行われます。

藤澤先生も来場予定ですので直接お話が聞きたい方は是非とも足をお運びください。

 

投稿:宇徳